読書のすすめ

ツールの作成や、文章の書き方、コミュニケーションなど、様々な事柄に対して「どうしたらいいでしょう」と相談を受けることがあります。

 

そのお気持ちはわかるのですが、漠然とどうしようと悩むなら、1冊でも多くの本を読んでみてはいかがでしょうか。

 

1冊につきわずか1000円程度で、数十万円のコンサルティング以上のことが学べます。

 

そのくらいの自己投資をせずに、業績だけ上げたいというのは、ちょっと無理なお話・・・・

(楽して効果をあげたいのはやまやまですけどね)

 

自分の中にあるものしか出せない、表現できないというのはごく当たり前のこと。

それをどうか忘れないでください。

 

 

上手に何かを作成したいなら、その心構えや作成事例を学んでから取り掛かるのとそうでないのとでは、結果が違うことは想像できますよね。

 

お客様に説得力のあるお話がしたいなら、どうやったら説得力が感じられるのか知らなければ、難しいでしょう。

 

 

自分が何かに悩んだら、それを解決する手助けをしてくれそうな本が、必ずどこかにあるはずです。

漠然とどうしようと悩む前に、まず本を探す。

そして読む。

わかならなければ何度でも。

 

その習慣を身に付ければ、「○○で200%受注UPする方法を教えます」などのような、怪しいキャッチコピーに釣られ、お金をドブに捨てるようなことは防げるでしょう。

 

そんな安易に効果が上げられるなら、巷にこれだけ本は溢れてないですからねぇ・・・

 

 

私も過去に読んだ本で、ビルダー・工務店の方々に役立ちそうな本をご紹介します。

参考にしていただきながら、ご自身で「これだ」と感じられる本も探してみてくださいね。

 

詳しくは各ページをクリック↓ (左メニューからもご覧になれます)