道はいつもひらかれている  by古谷綱武

人生に正解なんてない。

 

自分らしい道を歩むのは、他の誰の道とも違うのだから、なにが正解かなんて、すぐに答えが出るものでもない。

 

ときに迷い、苦しみ、悩み、これで良いのかと自問することも多いですよね。

 

そういうときは、古谷綱武さんのこの詩を読んでみてください。

 

つまずき転んでも、信じた自分の道を前を向いて歩きましょう。

道はいつもひらかれている


道は すべての人の前にひらかれている
その人にやる気があるかないかだけである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 道が閉ざされていると思う人の前には道は閉ざされている
自分をだめだと思う人は だめになっていく


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 自分が生きていくべき人生は
自分で発見していくより ほかにはないのである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 生きがいと幸せとを つかみあてるその「鍵」は
自分の心の姿勢のなかにだけしかない


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 個性のない人生は「真実の人生」ではない
たとえ優れた人の真似をしても 真似をすることでつかみあてられる
「自分の人生」というものは 
この世にはないのである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 人生を暗く生きようとする人には
明るい人生も暗くしか生きられない
人生を明るく生きようとする人だけが
暗い人生さえも 明るく生きていくことが出来るのである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 自分から諦めてしまうことは
もはや生きることではない
その人の前では 道も閉ざされる


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 人が一度でやりとげられることが
自分には一度でやりとげられないこともある
一度でやりとげられないことは 
十度やってみよう
十度やってもやりとげられないことは 百度やってみよう


道は すべての人の前にひらかれている

しかし やりとげるまでは決して諦めないこと
そして そのやりとげようとする心を決して失わないこと


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 見栄や虚心 憎しみや恨み 
よくの深さや身勝手な自分本位
そうしたものに心を縛られていると
その心の束縛の不自由さによって
その人は
自分から自分の道を閉ざしてしまうことがある


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 求める心があるならば
恥をかくことは 決して恐れまい
軽薄な虚栄心などに 心を縛られまい
また
人を憎むことから 得られるものは なにもないことも
よく知っていよう

よくの深さは かえって失うことが多いことも知っていよう


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 自分から自分の道を閉ざしてしまうような
そういう自分の中の一切のものを
自分から捨て去っていくことが大切である

それを捨て去ってしまったとき 
本当の自分が生まれてくる 
道がひらけてくる


道は すべての人の前にひらかれている

しかし すぐに簡単にわかった気持ちになってしまうのは危険である
1だけを考えて 1がわかったと思うのは本当にわかったことではない
100考えてやっと 1わかったというのが
本当のわかったということである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし いつもやわらかい頭をもって
早く判断できる人でありたい
1だけ考えて 決してあやまることなく
たちまちの1の判断ができるのが 生活力とよんでもよいものである
ただ そうした早い判断がいつもあやまりなくできるのは
その人が100を考え抜いてきた蓄積を
その心の中にもっているからなのである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし よいことを確かによいと分かり
わるいことを確かにわるいと分かることが大切である
しかもそれは 本当はそれほどやさしくないことではないのである
その難しさをよく知った人でありたい


道は すべての人の前にひらかれている

しかし わるいことが確かにわるいと分かるためには
よいことが確かによいと分かる以上の教養とセンスとが必要である
そのこともよく知っていたい


道は すべての人の前にひらかれている

しかし たえず「知ろう」「学ぼう」「考えよう」
とする意欲をもたなければ
人はその自分の人生の道を 歩き進む力を失うであろう
「知り」「学び」「考えていくこと」が
自分の人生の道を歩いていくことだからである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 人によっては
自分にとってのいちばん優しい道しか 歩こうとしない人もいる
だが 人によっては
自分を育て続けていくために
いちばん難しい道のほうを 一生懸命に歩み続けている人もいる


道は すべての人の前にひらかれている

しかし そこで権利意識ばかりをむやみにふりまわして
まったく停滞した空虚の中だけに 身をおいているひともいる
そうではあるが
しかしまた 人間としての権利の意識をまったく自覚していない人は
とかく大切な責任の意識にも 欠けている場合が少なくない


道は すべての人の人の前にひらかれている

しかし したいことだけして しなければならないことは
なかなかやろうとしない人もいる
しなければならないことこそ まず行う人になりたいものである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし この人生はまたその別の一方では
人にその道を見失わせるほどの誘惑と失望の繰り返しにも
みちみちていることを 忘れてはならない
道は平坦ではないのである
それだからこそ 
人生という道のあじわいは 深いのである


道は すべての人の前にひらかれている

しかし 世間に自分というものを あやまりなく分かってもらおうなどという期待は
もたないほうがよい
そうした期待に生きたいのであったら
世間の因襲に全面的に屈伏して 生きるよりほかにはないのである
分かってもらえようともらえまいと
そんなことは問題にしないで
あくまでも 自分の真実にこそ 生きつらぬいていこうとするとき
世間というものは 案外、思いがけなく
かえって自分を理解してくれるものなのである