私がビルダーナースです

「小規模ビルダー・工務店向けマーケティングコンサル&コーチ」

 

711日生まれ、千葉市花見川区出身。

現在は広島市に在住。

跡見学園短期大学国文科卒業後、三 井生命保険相互会社に入社。

住宅業界への転身を図り、CADオペレーターとしてトステム株式(スーパーウォール事業部)へ転職、その後トステム時代の上司と工務店立ち上げに参画→マーケティング会社→出版・セミ ナープロデュース会社を経て独立。

 

工務店を立ち上げた時に、得意だっ たパソコンスキルを生かしてマーケティングを勉強しながらホームページを自力で制作。

ホームページから集客するスベを身 に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるよう仕組みを構築。

それを教えてほしいと仲間の工務店に請われ、「これは他の工務店さんにも役に立つに違いない」と確信する。

 

工務店経営の経験もないのに、煽る ようなキャッチコピーでこの業界を食い物にするコンサルが多い現実も知り、ならば自分がそれを食い止めようという理想も抱く。

 

住まいの造り手の主役は地場の工務 店や設計者、職人であるべきをモットーに、彼らが自信を持って堂々と自分を伝えられるようになるまで、精神的支援とノウハウ伝授を行っている。

 

資格:財団法人日本ライフセラピスト財団公認コーチ  

    福祉住環境コーディネーター級 

    ライフオーガナイザー2級

    会計ソフト実務能力2級

性格:あっさり、さっぱり、はっきり。良くも悪くも執着心なし、物怖じしない、未来志向

血液型:A

星座:かに座

兄弟:兄(私は双子です。兄はその片割れ)

趣味:家事、料理、読書、映画、散歩、人間観察、哲学

特技:老若男女・国籍問わず幅広い交遊関係が築けること

目標:全ての人にハウスドクターを!

そのために、造り手と住まい手両者の壁をコミュニケーションでもって取り払うこと

自宅:賃貸

    (これまで8軒、ワンルームからファミリータイプまで。これからも一箇所に落ち着かず、国外も含め色んなところで暮らすのが夢)

ブログhttp://bnurse.livedoor.biz/

ホームページ:http://www.buildernurse.com/

Twitter:http://twitter.com/builder_nurse

facebookページ:ビルダーナースのこれが成幸工務店の生き残り道 

私が今の活動をしているワケ

4歳のときから病弱な母を手伝うために料理を手伝い始め、そうじに洗濯と、10歳までには家事一通りできるようになりました。それが私の「住」産業に関わる原点、暮らしに興味をもつようになった始まりです。

 

住まいに興味を持つ女性の多くは、設計やインテリアなどの物質的側面に興味を持つようですが、私の興味は仕組みや枠組み、人を動かす動機となる欲求などの精神的側面、心理に向かいました。

もともと人の行動や心理にとても興味があるせいでしょう。

 

古民家みたいな日本らしい家の隣に、なぜ水色の外壁で悪趣味なデザインの家が建つのだろう?

それを許す社会の仕組みはどうなっているのか? 

それを工事できる業者の感覚はどこからきているのか?

 

街並みを眺めながら、そんなことのほうに疑問や興味が湧きます。

 

また、広い家ができたら綺麗に掃除できると思い込むお施主さん。

夫婦がエゴ丸出しに険悪になりながら、そこに向き合わず家づくりを進めてしまう様子。

土地や建物を所有すれば少しでも人生の不安から逃れられるのでは、と所有を目的に家づくりを考える人の多さ。

 

受注できるならいいやと造り手がそれに見てみぬふりをするのは、なにかおかしくない??

 

住宅の供給は需要をはるかにオーバーし、人口が減り続けるのはわかっているのに、国もそれにストップをかけられないのはどうして?


 

外面で起こる全ては、内面(心)の反映と言われています。

エゴをむき出しに環境を破壊するとわかっていながら止められないのは、私たちの心に問題があるからではないでしょうか。

 

そのために、私は女性視点と工務店経営の経験を生かし、造り手の心のバランスを少しでも中庸にする手助けをしたいなと思っています。

住まい手ではなく、造り手側に働きかけるのは、彼らへの尊敬と愛情から。

 

素晴らしい技術や伝承の技を、自分が良ければというエゴのために使うのではなく、私たち人間が地球の一員であり続けられるように、未来を見据えて使ってほしい。

 

それだけの技能を持てる者として、その責任は大きいと思います。