なんのために生きているのか考え始めたら

自分がこの道をこれからも進んで本当にいいのか、

なんとなく違和感を覚えるけれど、それがどうしてなのかわからない、

といったお悩みを聞くことがあります。

 

そんなときは理屈や常識といったこれまでの考え方を一時脇に置いておき、自分の心の声に耳を傾けてみてください。

 

人生の目的は売上の数字を確保するためや、名を上げるためではないということに気づいたら、そこからが自分の魂を成長させるスタート地点。

魂を成長させるために必要なことはなにかを、先人達から学び、自分の生活の中でそれを実践していきましょう。

(序文から)

私たちが今、議論している社会的変化は、1つのイデオロギーがもう1つのイデオロギーを打ち負かし、1つの社会体制が倒されて、また再建されるといった革命とは違います。

現在起こっていることは、内的変化、つまり、まず個人が変わってゆき、文明の形態はほとんど見た目には変わらないのに、それを担う人々の新しい世界観ゆえに若返り、必要に応じて変化してゆくというものです。

 

著者:ジェームズさんの映像

「聖なるビジョン」で、共時性(シンクロニシティ)に気づく重要性が説かれています。

そのシンクロニシティにより気づくための方法が、「第六感を仕事に生かす」で紹介されています。

マイナスやネガティブに見える事、どんな出来事にも意味があることを真に理解しなければ、魂の成長にはつながらない、というのがよくわかる本です。

今の時期をどう捉えればいいのか、バシャールからのメッセージでじっくり考えてみてください