なぜ無料でたくさん情報を公開しているのか

これまで、約5年近くに渡り工務店・ビルダー様向けに無料で様々な情報を公開してきました。

それはひとえに、自分が消費者として住まいづくりを考えた時に、どこにどうやって連絡を取り、なにから始めればいいかわからないことに気づいたからです。

 

工法やデザインなど、自分の家づくりが良いという宣伝はしてくれても、なんの知識もない人に向けて

 

○住まいをどう捉えたらいいのか

○本当に建てることしか選択肢はないのか

○新たに建てなくても、望む暮らしを送るための手助けはしてくれないのか

○なにから始めればいいのか

 

といった本質的なことを問いかけてくれてるつくり手が、あまりに少ないように感じます。

 

この点に同じように疑問を抱き、住まい手とつくり手とを結ぶアドバイザーとして活躍する仲間もいます。

 

けれど私は自分がかつて工務店を経営し、様々なお客様とお話させてもらった経験から、始めに変わるべきはつくり手からであると考えます。

 

住まいづくりを検討する消費者へのサービスは、セミナーや勉強会など既に多くの企業や人が提供しています。

ですので、それはそちらにお任せです。

 

私はコミュニケーションを軸に、つくり手が住まい手と家を「建てる」という物理的サービスを超えた、「暮らす」「住まう」ことをもっと精神的にサポートするための手助けをしたいと思います。

 

そのためには、つくり手自身が物理的な「建てる」ことだけに目を向けて終わらないように、

 

◇視野を広げること

◇井の中の蛙にならず、仲間を見つけ自分に磨きをかけること

◇自分と、そして目の前の相手ときちんと向きあうこと

◇暮らす、住まうを哲学すること

◇毎日を丁寧に生きること

 

を繰り返し訴え、一人でも多くのつくり手の心に変革をもたらしていきたいです。

 

そのためには広く情報を公開していくが必要があると思い、ブログを通して無料で情報公開を続けてきました。

 

この活動中に、幸いにも専門誌への執筆や講演・コンサルティングの依頼などいただき、仕事にもつながっています。

 

そうした出会いから、

「自分がなんとなく思ってきたことが間違ってなかったと実感できたよ」

「あなたの言うことをやってみたら、本当にお客様から反応がすぐに返ってきたよ」

「コツコツやり続けてようやく地場に根付いてきたよ」

「お客様とより良い関係が築けているよ」

「ビルちゃんの言っている意味がようやくわかってきた」

など、様々な声を聞かせてもらる機会が増えました。

 

自分の活動が少しずつでも必要とされていることを実感できる瞬間が、何よりの私の幸せ☆彡

 

 

景気がもう以前のように上向かない時代だからこそ、「暮らす」こと、「住まう」ことへの見直しが必要なとき。

それには、物理的側面だけ考えていることにも限界がきてしまいました。

3.11以降、特に多くの人が同じように感じていることと思います。

 

「暮らす」こと、「住まう」ことの本質を見定め、お客様へ訴えていきましょう。

 

その方法やツールの使い方などは、これからもどんどん情報発信していきます。

 

左のメニューバー、このページから下に、公開している情報が、あなたのお役にたちますように・・・・☆

 

応援メッセージをいただけたら、嬉しいです♪

メモ: * は入力必須項目です